競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 社台・ノーザン

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/21(木) 12:25:17.56 ID:b6StA8wE0
    どうしてこうなった

    3: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/21(木) 12:26:55.65 ID:Xh/DsigA0
    時代はG1レーシング、シルクだからね

    4: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/21(木) 12:27:53.00 ID:W0wOg1wK0
    社台RH    最近こんな感じ
    サンデーR   たまたま
    キャロ     いい馬シルクに回したから

    >>4
    キャロットは母キャロットの馬がわんさかいるしひとつぐらいは勝ってもいいような
    けどサンデーもキャロットもG1上位人気は結構いるし別に気にするほどでもないよ
    【【競馬】社台RH→去年のオークスからG1勝利なし キャロット→去年のダービーからG1勝利なし サンデー→今年G1勝利なし】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/11(月) 18:05:47.57 ID:tfrUkROl0
    2週間で9鞍行われた新馬戦でノーザンファームは7頭も勝ってしまう
    ジャミールフエルテ、ジョディー、グランアレグリア、アカネサス、アウィルアウェイ、アガラス 、サートゥルナーリア
    その他
    シングルアップ 坂東牧場、レノーア 神垣道弘

    この時期は総帥のところの馬とか言わなくなって随分たつなあ
    【【競馬】ノーザンファーム生産馬が今年も新馬戦から勝ちまくる】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/05(火) 09:22:04.20 ID:0KdNgm550
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000503-sanspo-horse
    これまでも海外から繁殖牝馬が来て種付けをしているが、「あまり来られてもきりがないので、
    限定して来てもらっています」というほど、申し込みは殺到。今春は、その限られた中に、一昨年の欧州年度代表馬マインディング(5歳)などがいる。
    今や、世界の名牝がディープとの配合を待っている状態だ。
    【【競馬】ディープインパクトに海外から繁殖牝馬が殺到 社台SS「あまり来られてもきりがないので、限定して来てもらっています」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/05/10(木) 18:34:10.00 ID:cYckKgP00
    タピッツフライの17(父ディープインパクト) おす 1億5000万
    2番仔、母は米G1ジャストアゲイムS勝ち馬
    ジョコンダⅡの17(父ディープインパクト) おす 1億2000万
    半兄サトノクラウンはG1宝塚記念勝ち
    ステファニーズキトゥンの17(父ディープインパクト) めす 8000万
    初仔、母は米G1を5勝
    ブエナビスタの17(父キングカメハメハ) おす 1億6000万
    母は年度代表馬、ジャパンCなどG1を6勝
    スウィートリーズンの17(父ディープインパクト) おす 1億5000万
    初仔、母は米G1スピナウェイS勝ち馬
    プラウドスペルの17(父ディープインパクト) めす 7000万
    母は米3歳牝馬チャンピオン
    ドバイマジェスティの17(父ディープインパクト) めす 7000万
    全兄アルアインは皐月賞勝ち
    スターアイルの17(父ディープインパクト) めす 7000万
    全兄ミッキーアイルはG1を2勝
    シルヴァースカヤの17(父ハーツクライ) おす 1億2000万
    半兄シルバーステートは種牡馬
    ライラックスアンドレースの17(父ロードカナロア) めす 5000万
    半姉ラッキーライラックは最優秀2歳牝馬
    【【競馬】今年のサンデーレーシングの募集馬が凄すぎる】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/05/06(日) 13:18:08.99 ID:en+JDHvp0
    サクソンウォリアーV「すごいね」ノーザン吉田代表

    <英2000ギニー>◇5日=ニューマーケット(英国)◇G1◇芝直線1600メートル◇3歳

     日本生まれのディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、A・オブライエン)が5日、英2000ギニーを制した。

     ノーザンファームの吉田勝己代表はレースを映像で確認し、「すごいね。これが半年ぶりのレースとは…」とそのパフォーマンスに驚く一方、
    「複雑ですよ。(クールモアグループに)とんでもない種牡馬ができてしまったのかもしれない」と正直な感想を述べた。

     アイルランドのクールモアグループから預託されたメイビーの子であり、「外国で言う生産者とは違うから(※繁殖牝馬の所有者ではないため)」と断った上で、
    「(サクソンウォリアーは)生まれたときから素晴らしい馬だった。譲ってほしいとお願いしたくらい」と当時の印象を語った。

    【【競馬】ノーザンF吉田代表「クールモアグループにとんでもない種牡馬ができてしまったのかもしれない」】の続きを読む

    このページのトップヘ