競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 社台・ノーザン


    13: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/06/22(日) 12:08:06.19 ID:2zf6hTk00
    とりあえずこの時期の新馬戦は問題なく勝つだろ
    母と一緒で

    14: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/06/22(日) 12:10:47.91 ID:p6WCSWkj0
    BS11で思いっきり名前間違えられてるよ



    【【競馬】サンデーレーシング募集価格1億2000万円のポルトドートウィユ デビュー戦は人気薄に敗れ2着】の続きを読む

    WS000005

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/05/12(月) 18:43:01.84 ID:pagXSq7K0
    SS産駒超えてる、バブル到来

    101 ウィキッドリーパーフェクトの13 10,000万円
    102 レーヴドスカーの13 12,000万円
    141 ナイトマジックの13 12,000万円
    142 ポルトフィーノの13 12,000万円
    143 ビワハイジの13 15,000万円

    http://www.sundaytc.co.jp/collection/list?offer_year=2014


    【【競馬】サンデーレーシングの募集馬リストが掲載されたけど ディープ産駒は1億越えがズラリ】の続きを読む

    syadai

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/02/27(木) 21:10:25.98 ID:PsmMVTpo0
    いつまでも協会におんぶに抱っこで生産していた日高が悪い
    そしてとどめはラムタラと早田倒産だろうなぁ

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/02/27(木) 21:14:06.59 ID:u8mEMzyLO
    まあラムタラみたいなことやったら誰でも即死だわw

    4: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/02/27(木) 21:16:49.46 ID:V/lxvWI3O
    さっさと海外の馬主資格とか認めてたらよかった



    【【競馬】なぜ馬産地では社台グループ1強になってしまったのか?】の続きを読む

    1: チリ人φ ★ 2014/02/11(火) 13:45:09.65 ID:???0
    ドラマ「半沢直樹」などに出演した俳優の宮川一朗太(47)が10日、日本テレビ系「有吉ゼミ」に出演。
    離婚の原因が「競馬とゲーム」だったことを明かした。

    宮川は昨年11月に放送されたテレビのバラエティー番組で、1990年に結婚したフリーライターの女性と
    2005年に離婚していたことを告白した。2女をもうけたが、約10年前に妻が家出し、その2年後に家に
    戻ってきたが、関係修復には至らなかったという。

    この日の番組では、元妻と最初にもめたきっかけが、「馬」だったことを告白。ギャンブルと馬が好きで、元妻に
    内緒で「150万円の一口馬主」になったことがバレてけんかに。長年、競馬番組の司会をしていたこともあり、
    週末はいつも競馬。お金も競馬につぎこみ、妻が家出。2年後に一度は戻ってきたものの、その時は冒険ものの
    テレビゲームにハマっており、家族を顧みず、ゲームに熱中する姿にあきれられ、離婚することとなったという。

    再婚を諦めていないという宮川は「ぼくは冒険ゲームで言うと『勇者』なんです!だから、ゲームで言うと、
    『賢者』募集中です」と恋人を公募した。

    そんな宮川の姿に、子役時代からの知り合いである俳優・坂上忍は「簡単に説明すると、一朗太はバカなん
    ですよ!」とあきれていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140210-00000064-dal-ent

    no title

    【【競馬】宮川一朗太、社台の一口馬主で3000万稼いでも離婚していた】の続きを読む

    tennoharu

    279: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2014/01/30(木) 20:48:13.58 ID:BPj3Y80s0
    社台グループ会報(社台サンデー会員等に配布)の巻頭言で、吉田勝己氏が春天の距離2400への短縮を主張
    宝塚記念の1800化によりマイル路線組との対決への期待にも言及
    【【競馬】社台グループ・吉田勝己氏が天皇賞・春の2400mへの短縮を主張】の続きを読む

    このページのトップヘ