競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 海外レース

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/06/09(火) 06:21:46.53 ID:MwbfjrVY0
    世界最高峰のG1、凱旋門賞が今年は無観客で開催される可能性が出てきた。8日、フランス競馬を統括するフランスギャロの複数の関係者がスポーツ報知の取材に応じ、明らかにした。

    フランスでは、新型コロナウイルスの影響で3月17日から競馬の開催が中止されていたが、5月11日に再開。
    だが、その後に仏政府は新型コロナの影響を強く受けているパリ近郊からフランス東部での開催の承認を取り下げ、凱旋門賞が行われるパリロンシャン競馬場でのレース実施は見通しが立っていない。

    フランスギャロ関係者は「ロンシャンでも競馬ができていない。秋に開催ができるとしても無観客になるだろう」と説明。
    3歳牝馬G1の1000ギニーもパリロンシャンからドーヴィルに舞台を変更して行われており、7月に予定されていたパリ大賞は9月13日に延期が決定。
    フランスギャロ関係者は例年通りに10月4日の凱旋門賞開催で調整するとしたうえで、日本からの遠征について「現状の状況を見れば難しい」と話している。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9028fcc17e8d79d71e1761238e1e76c0c8bc7ed3
    【【競馬】今年の凱旋門賞 日本からの遠征は難しそう】の続きを読む

    【【競馬】豪クイーンエリザベスS ダノンプレミアムは3着に敗れる】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/03/29(日) 09:31:48.98 ID:kcgeShbO0
    オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の競馬を統括するRacing NSWは、新型コロナウイルスの影響により、4月4日と11日にランドウィック競馬場で開催する『ザ・チャンピオンシップス』の賞金を減額することを発表した。

    日本からダノンプレミアム(牡5、栗東・中内田充正厩舎)が出走を予定しているクイーンエリザベスS(G1・芝2000m)の総賞金は400万豪ドル→200万豪ドル(約1億3306万円)に減額となる。

    総賞金が減額となるレースの一覧は下記のとおり。

    4月4日 ※単位は全て豪ドル
    300万→150万 ドンカスターマイル
    250万→125万 TJスミスS
    200万→100万 オーストラリアンダービー
    100万→50万 イングリスサイアーズ
    50万→40万 カントリーチャンピオンシップスファイナル

    4月11日
    400万→200万 クイーンエリザベスS
    200万→100万 シドニーC
    100万→50万 オーストラリアンオークス
    100万→50万 クールモアレガシー
    100万→50万 アローフィールドスプリント
    100万→50万 パーシーサイクスS
    50万→40万 プロヴィンシャルチャンピオンシップス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000008-kiba-horse

    【【競馬】ダノンプレミアムが出走の豪G1・クイーンエリザベスSの賞金が半額に】の続きを読む

    【【競馬】ドバイワールドカップデーの中止が決定】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/03/18(水) 21:39:37.22 ID:+rJbmejf0
    3月28日にドバイのメイダン競馬場で行われる国際競走に出走予定の日本調教馬は19日早朝に現地へ到着予定。
    機材トラブルで関東馬6頭の美浦から成田への出発が2時間遅れたこともあり、18日中の到着は微妙に。
    そのため、先乗りしている関係者を除き、今週のJRAでの競馬後、出発を予定している調教師、騎手らは入国できない可能性が出てきた。

    栗東出発の8頭を見送る関係者たちも入国できるかは不透明な状態。すでにサウジアラビアから現地入りしている森厩舎の2頭(マテラスカイ、フルフラット)に騎乗予定の
    武豊騎手は「シビアな情報が入っているので…。行けるのかな、行われるのかな。難しいかもしれませんよね」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-03180188-sph-horse
    【【競馬】UAEが19日以降は新規の入国不可に ドバイ国際競走に関係者が入国できるか微妙に】の続きを読む

    このページのトップヘ