競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 馬主

    1: 2018/12/25(火) 23:01:25.71

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00428136-nksports-horse

    和田正師は「目いっぱいの競馬をしているので、それなりに疲れはあります。ただ特に傷んではいませんし、見せ場は十分でした」と話した。
    放牧に出すか、厩舎に残すかは長山オーナーと相談して決める。
    今後は平地専念が有力だが「障害に戻る可能性がないわけではない」と慎重な姿勢を示した。

    長沼厩務員は「カイ食いや馬体は何も問題ないよ。一線級相手でも引けを取らないことが分かったし、もっと良くなりそうな感じもある」と語った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000509-sanspo-horse

     障害絶対王者で、23日の有馬記念に挑んだオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正厩舎)の長山尚義オーナーは24日、来年も平地戦でG1に挑戦する意向を示した。天皇賞・春(4月28日、京都)などが視野に入っている。

     今後について、長山オーナーは「これから和田(正)先生にお任せして決めていくことになると思うけど、ドバイはなくなったが、天皇賞・春とか持ち味の生きるところでね」と見通しを語った。
    管理する和田正調教師もレース後、「できればどこかでタイトルを取らせたいと思います。まだできるのではないかと、望みはあると思う」と平地での重賞獲得に意欲を見せていた。

     グランプリでは、平地再転向3戦目で初めて一線級と戦い、好位2番手から0秒8差9着と見せ場十分の走りを見せた。長山オーナーは「そこまで負けてなかったしね。またこれからにつながる。
    武豊さんも、この馬を気に入ってくれたと思う」とレースぶりを評価していた。

     ◆オジュウチョウサンが平地G1に出走するには 有馬記念はファン投票3位で優先出走権を得たが、現実には平地では1600万クラスの条件馬。
    平地G1出走を目指すには、1600万を勝ってのオープン入りや、フルゲート割れで出走可能な格上挑戦でのオープン勝ち、重賞で2着以内に入るなど賞金を加算することが求められる。
    天皇賞・春は過去5年、18、17、18、17、17頭立てとフルゲートに近い出走頭数となっている。宝塚記念は有馬記念と同じファン投票だ。


    どちらが正しいのか
    【【競馬】オジュウチョウサン 和田調教師「障害に戻る可能性がないわけではない」 馬主「ドバイはなくなったが、天皇賞・春とか持ち味の生きるところでね」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/23(日) 16:56:11.53 ID:yOw9ZtoE0
    【有馬記念】9着オジュウに長山オーナー「武騎手にはもう少し思い切って乗ってほしかった」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000075-dal-horse

    平地G1初制覇を目指した障害界の絶対王者オジュウチョウサンは9着に終わった。
    離して逃げるキセキを2~3番手から追ったものの、直線で馬群にのまれ、見せ場をつくることはできなかった。

    オーナーの長山尚義氏(登録名はチョウサン)は「敗軍の将は兵を語らず。やぼなことは聞かないでくれ」と語りつつ、
    レースについては「武騎手にはもう少し思い切って乗ってほしかったな」とつぶやき、競馬場をあとにした。


    【【競馬】有馬記念9着のオジュウチョウサンに長山オーナー「武騎手にはもう少し思い切って乗ってほしかったな」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/18(火) 06:30:59.91 ID:dEikwGY80
    一番興奮したのは有馬記念。最後の直線で一瞬下がったところもあったけど、そこからまた盛り返して。
    振り返ってみても、勝った相手が最大のライバルだったキタサンブラックだったし、あの時ばかりは舞い上がった。
    そして今後、少なくともG1の3つや4つは獲れるだろうと。ところが凱旋門賞に行ってから完全に狂っちゃって…。

    凱旋門賞はパワーがあって、かつ速い馬じゃないと。軽い馬場なら強いけど、力の要る馬場は…という馬は連れて行かない方がいい。
    実は、つい最近、フランスと英国の馬主免許も取得したんです。フランスでガリレオの凄くいい子がいたので購入して、
    向こうで預けてみようかと。英国では、去年1歳で購入したディープインパクト産駒の「ドバウィハイツの2017」を、
    (10年にワークフォースで凱旋門賞を制した)M・スタウト厩舎にすでに預けている。無理して日本から持って行くより、
    向こうで結果を積み上げた馬の方がチャンスがあるんじゃないかなと。ダイヤモンドの経験も踏まえて、そういうことも考えています。

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/12/18/kiji/20181217s00004048250000c.html
    no title

    no title
    【【競馬】サトノの里見オーナーが仏英の馬主免許取得「凱旋門賞は無理して日本から持って行くより向こうで結果を積み上げた馬の方がチャンスがあるんじゃないかな」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/12/17(月) 10:17:36.13 ID:bwpuVcN70
    【有馬記念】オジュウチョウサン夢の6冠へ 超強気!長山オーナーにインタビュー
    https://www.daily.co.jp/horse/2018/12/17/0011910997.shtml

    「中山コースはオジュウには合っているしね。いいところは簡単には止まらないこと。そんじょそこらのスタミナじゃないから。
    3~4コーナーから追い通しでも、バタッと止まることはない。そう、キタサンブラックと同じように最後に二枚腰を使えるんだ。
    4コーナー先頭で直線に入ってきたら、(後続に)つかまることはない。今回3着以内なら、この挑戦は間違いじゃなかったと言える」

    「3着以内に入れば、もう来年はドバイ、宝塚記念、凱旋門賞しか使わないつもりだよ」

    「宝塚記念はファン投票のレースだからね。それと海外の人にオジュウを見せたい。ドバイとフランスで宣伝しておきたいんだよ。
    それはもう日本ではサンデーサイレンスの血統はあふれ過ぎているから(オジュウチョウサンはSS産駒のステイゴールドが父)。
    でも今、海外はSSの子供を欲しがっている。心肺機能がすごいと分かれば、種牡馬としても高く評価される。
    そして、ドバイやヨーロッパで1年ごとにシャトル種牡馬として供用されるようにしたいと考えている」
    【【競馬】オジュウチョウサン長山オーナー「有馬3着以内なら来年はドバイ宝塚凱旋門しか使わない。そしてシャトル種牡馬にしたい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ