競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 種牡馬

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/10(日) 18:59:28.21 ID:V5qE7fP20
    馬主だったらオルフェ産駒のが夢を見れるよな

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/10(日) 19:00:46.77 ID:8O2Py+l60
    安定のカナロア、一発のオルフェ

    142: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/11(月) 11:42:38.38 ID:hX/0pOL60
    >>2
    現状この表現が一番的確だな
    【【競馬】オルフェーヴル産駒重賞3勝 ロードカナロア産駒重賞0勝】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/05(火) 21:23:18.87 ID:RvB0qQ5T0
    no title

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/05(火) 21:24:43.16 ID:LX82ZToi0
    たくさんの活躍馬って思い出せねえや
    なんかいた?
    WS000002
    【【競馬】ヴァーミリアンが種牡馬を引退 ノーザンファームで乗馬に】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/04(月) 12:18:35.33 ID:TIT7hBp20
    レックススタッドに移動

    26: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/04(月) 13:18:27.27 ID:8R8Zs2Kp0
    ソース
    http://www.lex-inc.com/main/info/detail.php?topicid=5451

    種牡馬スマートファルコンがレックススタッドに入厩いたしました。
    来年度(2018年)の種付料は受胎条件50万円となっております。



    エイシンアポロンはイーストに行った。
    ゴールスキーも九州へ
    【【競馬】スマートファルコンが社台SSから追い出される 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/02(土) 12:44:25.82 ID:WdKxIWx50
    2017年シーズンは浦河町西幌別のイーストスタッドで供用されていたタイキシャトル(23歳)が19年間に及んだ種牡馬生活を引退することになった。
    今後は、そのまま同スタッドで功労馬として繋養される。

    タイキシャトルは父デヴィルズバッグ、母ウェルシュマフィン、母カーリアンという血統の米国産馬。現役時代は13戦11勝2着1回。
    日本で安田記念、マイルCS(2回)、スプリンターズSを勝ったほか、仏国のジャック・ル・マロワ賞にも勝って1998年には年度代表馬にも選ばれている。

    現役引退後、1999年から新ひだか町静内のアロースタッドで種牡馬生活をスタート。2年ごとに静内と浦河を往復する人気種牡馬となった。
    おもな産駒にはメイショウボーラー(フェブラリーS)、ウインクリューガー(NHKマイルC)、サマーウインド(JBCスプリント)などがいる。
    http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=129892
    【【競馬】タイキシャトルが種牡馬を引退 今後は功労馬として繋養されることに】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/11/30(木) 08:29:22.24 ID:xOXSNIYq0
     社台スタリオンステーションが来年度から新たに種牡馬として昨年の米チャンピオンスプリンター、ドレフォン(牡4)の導入を決めたことがわかった。
    同馬はアメリカの名伯楽ボブ・バファート師の管理馬として、昨年のキングズビショップS、BCスプリント、今年のフォアゴーHでダートのG1を3勝している。

     2歳秋の初勝利から昨年のBCスプリントまで5連勝し、昨年のエクリプス賞最優秀スプリンターに輝いた馬。
    今年は初戦のビングクロスビーSでスタート直後に落馬競走中止となったものの、仕切り直しのフォアゴーSを4馬身差で圧勝した。
    BCスプリントは6着で連覇はならなかったが、通算9戦6勝で引退。日本を代表する種馬場で種牡馬となることが決まった。

     父ジオポンティは芝のG1を7勝した馬で芝で通用する血統背景を持ち、自身は1歳時のセールで45万ドルの高額で購買された経歴を持つ。
    社台スタリオンステーションの関係者は「1400メートルのG1を2勝していますが、
    バファート師(3冠馬アメリカンファラオ、アロゲートなどを多くの名馬を管理)が距離はマイル以上あっても問題ない、
    ブリリアントスピードと評していた馬です。突出したスピードがあったために短距離を走っていましたが、母父がゴーストザッパーで距離に対応する産駒も出てくるし、
    とにかく馬体、フットワーク、現役時のレース内容が素晴らしく、血統面から産駒が日本の芝レースで活躍する下地が十分にあります」と日本での活躍を期待している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00065454-nksports-horse

    WS000005
    【【競馬】社台SSが米のスプリンター ドレフォンを種牡馬として導入へ】の続きを読む

    このページのトップヘ