競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 種牡馬

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/01/31(火) 05:43:56.95 ID:t16gGf/L0
    昨年12月の香港Cで有終Vを飾ったモーリスは種牡馬初年度から“フル稼働”することになりそうだ。
    国内では既にジェンティルドンナなど名牝との交配が決まっているが、
    香港馬の大半を生産するオーストラリアでの人気も絶大で、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏は
    「初年度からシャトルをやろうというプラン」と明かした。
    日本で種付けを終えた後の8月頃にオーストラリアに渡る予定。
    初年度の種付け頭数は計300頭前後となる見込みで、
    同氏は「種牡馬としての期待は物凄く大きい」と話した。

    http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/01/31/kiji/20170130s00004048340000c.html
    【【競馬】モーリス 初年度から夏にオーストラリアへ行きシャトル供用へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/01/25(水) 11:37:40.29 ID:/894KpDA0
    北米サイアーランキング
    1 タピット 19億
    2 カーリン 14億
    3 アンクルモー 13億
    4 キャンディライド 12億
    5 シティジップ 11億
    6 アンブライドルズソング 11億
    7 キトゥンズジョイ 10億
    8 ジャイアンツコーズウェイ 10億
    9 バーナーディニ 10億
    10 メダグリアドーロ 10億
    【【競馬】北米・英愛・仏の種牡馬リーディングトップ10の発表です】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/01/25(水) 14:10:10.49 ID:+0uZCSEy0
    リアルインパクトが帰国
    http://uma-furusato.com/news/detail/_id_88046

    日本
    139頭(80万円)
    オーストラリア
    134頭 (19250豪ドル ※約166万円)

    計273頭に種付け



    初年度の合計頭数だけなら2019年産駒デビュー組の中でもキズナ(269頭)を抑えてトップに
    ちなみにオーストラリアへのシャトル種牡馬としてはかつてのフジキセキよりも人気
    【【競馬】リアルインパクトがオーストラリアで134頭に種付けして帰国。日本で139頭のため合計273頭】の続きを読む


     今後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入り。オーナーの夫でノーザンファーム代表の吉田勝己氏は「今年はジェンティルドンナとの交配を予定しています。ブエナビスタも候補ですよ」と歴史的名牝を花嫁候補にリストアップした。夢の配合から生まれる子どもたちの活躍に期待だ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000026-dal-horse
    【【競馬】モーリスの種付け相手に吉田代表「今年はジェンティルドンナとの交配を予定しています。ブエナビスタも候補ですよ」」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/12/19(月) 16:09:21.55 0
    先週終了時点での現2歳リーディングと勝馬率、AEI、種付け当時の種付け料

                   勝馬率   AEI  2013年種付け料
    1 ダイワメジャー     0.301   1.89    600万
    2 ディープインパクト   0.389   2.02   1500万
    3 ハーツクライ       0.215   1.56    400万
    4 ハービンジャー     0.333   1.52    400万
    5 クロフネ         0.190   1.31    300万
    6 ルーラーシップ     0.212   1.19    250万
    7 ステイゴールド     0.167   0.91    800万
    8 マツリダゴッホ     0.295   1.47    150万
    9 アイルハヴアナザー  0.177   0.97    320万
    10 マンハッタンカフェ  0.250   1.33    400万
    【【競馬】ステイゴールド産駒の2歳馬の成績がひどい件】の続きを読む

    このページのトップヘ