競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 有力馬情報

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/06(水) 16:43:38.07 ID:tt0a7ddV0
    青葉賞を勝ち、日本ダービー7着のゴーフォザサミット(美浦・藤沢和雄厩舎、牡3歳)は、招待を受けているベルモントダービー(7月7日、米・ベルモントパーク、GI、芝2000メートル)への参戦が濃厚になった。
    現在は放牧中で、検疫に向けて今週末に帰厩する見込みだ。

    6月6日、藤沢和雄調教師は「天皇賞・秋やジャパンCは3歳馬にとって少しきついし、秋に適当なレースもないから一度行ってもいいかと。精神的にドッシリしているので遠征でも大丈夫だろう」と説明した。
    鞍上にはケント・デザーモ、ヴィクター・エスピノーザなど、現地の有力ジョッキーをリストアップしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000531-sanspo-horse
    【【競馬】ゴーフォザサミットがベルモントダービー挑戦へ 鞍上はデザーモやエスピノーザが候補に】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/05(火) 11:25:48.34 ID:P+p8inv80
    宝塚記念(6月24日、阪神)に出走を予定しているキセキ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、ミルコ・デムーロ騎手(39)=栗東・フリー=とコンビを再結成することが分かった。5日、管理する角居調教師が明かした。

    昨年の菊花賞でG1初制覇を果たしたあとは、香港ヴァーズ、日経賞でいずれも9着と精彩を欠いたが、前走後に放牧でリセット。巻き返しへの態勢を整えつつある。
    「ミルコには追い切りに乗ってもらうと思います」と角居師。登録している凱旋門賞(10月7日、仏パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)の出否については、宝塚記念の結果を踏まえて判断する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000129-sph-horse
    【【競馬】キセキは鞍上M.デムーロで宝塚記念へ】の続きを読む

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/04(月) 17:04:51.76
     「すごく頑張ったけど、思ったより伸びなかった。もしかしたら夏バテ気味だったかも…」とM・デムーロ騎手。

    庄野調教師も「もうひとつはじけ切れなかった。予想より体も減っていた(10キロ減)し、最後は余力がなかった」と肩を落とした。夏場はリフレッシュに充てて、秋は天皇賞・秋やジャパンCが大目標になる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000507-sanspo-horse
    【【競馬】スワーヴリチャードは宝塚記念は出ず 秋は天皇賞・秋やジャパンCが目標に】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/05/31(木) 19:59:03.72 ID:CLxjqhyKO
    モズアスコット矢作師「連闘は僕が一番得意なローテーション」/安田記念共同会見
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000012-kiba-horse

    >――安土城Sを振り返ってください。
    >騎手(所属の坂井瑠星騎手)が下手でしたね。内容的には悪くなかったと思います。
    【【競馬】矢作調教師「モズアスコットの前走は騎手(所属の坂井瑠星)が下手だった」】の続きを読む

    372: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/05/31(木) 13:19:33.94 ID:YYGKFJdv0
    キタノコマンドール右前浅屈腱炎、全治1年以上 復帰目指し長期休養へ

    今年の皐月賞(GI・芝2000m)で5着となり、27日に行われた日本ダービー(GI・芝2400m)にも出走したキタノコマンドール(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)の右前浅屈腱炎が判明した。所属するDMMバヌーシーが発表した。

    全治は1年以上の診断で、十分に復帰の可能性があると判断され、復帰を前提として北海道のノーザンファームへ長期放牧に出る。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000004-kiba-horse
    【【競馬】キタノコマンドールが右前浅屈腱炎 全治1年以上も復帰目指す】の続きを読む

    このページのトップヘ