競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 有力馬情報

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/17(月) 20:58:15.76 ID:vqH5YUox0
    どっちがいいと思う?

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/17(月) 20:59:25.85 ID:0kLmY5xm0
    ダービーを盛り上げてくれ
    ただでさえ難しいオークスに関わらないでくれ

    3: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/17(月) 20:59:51.69 ID:0nj/mx1x0
    諦めてオークス行け
    ダービーの枠を潰すな

    【【競馬】ファンディーナはオークスに出走するべきか?ダービーを目指すべきか?】の続きを読む

    【【競馬】ファンディーナの高野師「このあとはダービーかオークス」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/15(土) 11:33:02.50 ID:N+xpNHlz0
    桜花賞を8番人気で制したレーヌミノル(牝3歳、栗東・本田優厩舎)は、
    オークス(5月21日、東京)で牝馬2冠を目指すことが15日、分かった。
    管理する本田調教師が明らかにした。鞍上は引き続き池添謙一騎手(37)=栗東・フリー=が務める。

    レース後はNHKマイルC(5月7日、東京)とオークスの両にらみだったが、本田調教師は
    「NHKマイルCだと中3週だしね。使ったあとはイライラしているから一回緩めてやりたい」と説明。
    今後は厩舎に置いたまま調整していく。2冠目は800メートル延びて、未知の2400メートル。
    「ほかの馬も一緒。折り合いはつくし、乗り方ひとつ」と初騎乗で金星を勝ち取った鞍上に託す。
    http://www.hochi.co.jp/horserace/20170415-OHT1T50062.html
    【【競馬】桜花賞馬レーヌミノル 次走はオークスで二冠目指す】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/12(水) 17:51:33.11 ID:+cgyUt1i0
    気性?

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/12(水) 17:53:21.98 ID:nniXy61I0
    楽な競馬しか経験してないとこ

    91: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/12(水) 20:37:02.71 ID:9w1jkwu80
    >>2
    タガノアスワドは重賞取れる馬だとおもうわ
    フローラSが楽しみ
    【【競馬】皐月賞 ファンディーナの弱点ってどこなの?】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/04/13(木) 14:14:05.88 ID:B5JF/jO10
    【皐月賞】レイデオロ不安残る 美浦W5F71秒2

    史上17頭目の無敗皐月賞Vを狙うレイデオロはホープフルS以来、中111日での実戦となる。
    最終追いは美浦Wコース3頭併せで行われたが、レースへ不安を残す内容になってしまった。

     五十嵐騎手(実戦はルメール騎手)を背に向正面から馬場入りし、僚馬2頭を追いかけた。
    序盤は口を割ってエキサイトするシーンもあり、直線ではスッと並びかけるかと思われたが、
    先に抜け出したサトノギャラントとの差がなかなか詰まらない。
    最後は外デルカイザーに1馬身先着したものの、ギャラントには1馬身遅れてしまった。

     「ギャラントがシュッと動いてしまった。先週より息の感じは良くなっているし、
    中身もできています」と鞍上はフォローしたが、
    5F71秒2、ラスト1F13秒3は4カ月ぶりを思えばいかにも物足りない。

     そもそもホープフルS後の疲れがなかなか抜け切らず、トライアルを使えずにぶっつけ本番と順調さを欠いていた。
    「短い期間で2000メートルを3回も走ったからね。ここへきて気合が乗ってきたし、体も少したくましくなった」と藤沢和調教師は言うが、
    「休み明けでのクラシックは大変」がやはり本音か。
    過去、年明け初戦で皐月賞を制した馬はいない。
    ハードルを乗り越えるのは相当な試練といえそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000530-sanspo-horse
    【【競馬】皐月賞 レイデオロがダメそう?】の続きを読む

    このページのトップヘ