競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 有力馬情報

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/01/30(火) 06:40:50.69 ID:cdLkvxk90
    最優秀2歳牝馬ラッキーライラックは、チューリップ賞から春2冠を見据える。
    馬主のサンデーレーシング・吉田俊介代表は「成長を感じます。距離が延びても楽しみ」と期待を寄せた。
    また、春の結果次第では秋に凱旋門賞(10月7日、仏ロンシャン、GI、芝2400メートル)挑戦のプランもある。
    吉田代表は2012、13年に凱旋門賞2着だった父の名を挙げ「オルフェーヴルの初年度産駒として、父の能力を引き継いだすごい馬」と評価。
    ノーザンファームの吉田勝己代表も「日本馬は絶対勝てる。3歳牝馬は斤量面で有利だからね」と挑戦に自信を見せていた。
    http://race.sanspo.com/keiba/news/20180130/pog18013005010002-n1.html
    【【競馬】ラッキーライラックはチューリップ賞から春2冠へ 秋に凱旋門賞挑戦プランも 】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/01/27(土) 16:07:47.46 ID:T8YhRsk00
    これにより、11日の京都記念で手綱を取る予定だった昨年のダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、
    次週から短期免許で来日予定のダリオ・バルジュー騎手(41)=イタリア=とのコンビで今年初戦を迎えることになった。同馬が所属するキャロットクラブのホームページで発表された。

    なお、ルメールは4日の東京新聞杯では、昨年のヴィクトリアマイルの覇者アドマイヤリード(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)とコンビを組む予定だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000055-dal-horse
    【【競馬】京都記念のレイデオロは鞍上バルジューに】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/01/21(日) 19:41:44.30 ID:b0Qw/hzQ0
    昨年末のホープフルSでG1初制覇を飾ったタイムフライヤー(牡3歳、栗東・松田国英厩舎、父ハーツクライ)が、クリストフ・ルメール騎手とのコンビで
    皐月賞トライアルの若葉S(3月17日、阪神・芝2000メートル)から始動することが決まった。21日、所属先のサンデーレーシングのホームページ上で発表された。

    同馬は現在、宮城県の山元トレセンに放牧中。始動戦から逆算して栗東トレセンに帰厩して、トライアルの若葉Sから皐月賞(4月15日、中山・芝2000メートル)を目指す予定だ。
    http://www.hochi.co.jp/horserace/20180121-OHT1T50153.html

    【【競馬】ホープフルSの覇者タイムフライヤーは鞍上ルメールで若葉Sから始動し皐月賞へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/01/20(土) 06:32:16.46 ID:uJGpS5fp0
    昨年の阪神JF優勝馬で最優秀2歳牝馬に選出されたラッキーライラック(牝3=松永幹)は次走予定のチューリップ賞(3月3日、阪神)で石橋とコンビを継続する。

    また同じくチューリップ賞で始動する阪神JF2着リリーノーブル(牝3=藤岡)も引き続き川田が騎乗。共に所属するサンデーサラブレッドCが公式サイトで発表。
    http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/01/20/kiji/20180119s00004145456000c.html
    【【競馬】2歳女王ラッキーライラックは石橋とのコンビ継続でチューリップ賞へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/01/18(木) 17:46:22.94 ID:xscYFJ+F0
    エリザベス女王杯8着のリスグラシューは、東京新聞杯(2月4日・東京、芝1600m)で復帰する。鞍上は再び武豊に戻る。「春はヴィクトリアマイル(5月13日・東京、芝1600m)が目標になってくるし、その前に同じ舞台を経験させておきたいからね」と矢作師。
    僚馬で阪神C4着のモズアスコットは、近日中に帰厩予定。ルメールとのコンビ復活で、阪急杯(2月25日・阪神、芝1400m)へ向かう。
    【【競馬】リスグラシューは鞍上武豊で東京新聞杯からヴィクトリアマイルへ 】の続きを読む

    このページのトップヘ