競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 有力馬情報

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/09(火) 06:14:06.10 ID:luXY8z890
    天皇賞・春で4着だったアドマイヤデウス(牡6=梅田)が今秋の豪G1メルボルンC(11月7日、フレミントン芝3200メートル)に遠征することが分かった。

    「行くつもりで考えています。その前にコーフィールドC(10月21日、コーフィールド芝2400メートル)を使うかどうかは未定。使わないなら、国内で前哨戦を使うことも考えています」と梅田師。
    現在はノーザンファームしがらきに放牧に出ており、近日中に北海道に移動予定。「宝塚記念を使うことはありません」と付け加えた。
    http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/05/09/kiji/20170508s00004048468000c.html
    【【競馬】アドマイヤデウスが豪G1メルボルンC遠征へ 今年も馬券が買えそう】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/06(土) 09:36:06.11 ID:YLcUvE2/0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000505-sanspo-horse
    この日が70歳の誕生日となったDr.コパこと小林祥晃オーナーも満足げな表情。「GI10勝は当然狙いたい。次走は帝王賞(6月28日、大井、交流GI、ダ2000メートル)が有力かな…。もしくは“ウルトラC”も考えている」とニヤリ。今後のローテにも注目だ。


    ウルトラCてなに??
    【【競馬】コパノリッキー『次走は帝王賞か、もしくは“ウルトラC”も考えている』Dr.コパが発言】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/05(金) 08:05:46.36 ID:GMWVUPq80
    昨春、UAEダービー(ドバイ)を制したあと米国三冠に挑戦。
    今春もドバイで2戦したラニ(牡4歳、栗東・松永幹)が、国内復帰戦となるブリリアントS(7日・東京)へ向けて4日、最終追い切りを行った。

     栗東坂路を1本駆け上がったあと、いつものようにEコースへ。
    7F88秒1-35秒1-12秒1をマークした。
    雄大な馬体を弾ませる姿は迫力満点。松永幹師は「時計はいいですね。あとは本番がねぇ…。こうやって競馬も走ってくれたらいいのに」と苦笑いする。

     4月25日に帰厩したばかりだが、毎日のようにコースで乗る入念さ。「ダートの長い距離がここしかないので」。急ピッチで乗り込んだ理由を説明する。前半に置かれるため、ベストは2000メートルを超える距離。
    オープンの適した条件は、今回と10月のブラジルCしかないのだ。

     当初、青写真として描いていたブリーダーズCクラシック・米G1参戦はあるのか-。
    「オーナーが決めること。とにかく、ここで結果を出さないと。この馬を一番分かっているジョッキーに1年ぶりに乗ってもらうので」。
    勝てば世界戦が現実になるかもしれない。武豊とのコンビ復活にも注目が集まる。(デイリースポーツ・井上達也)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000013-dal-horse

    http://imgur.com/SHVHYMl.jpg
    【【競馬】 ラニが1年ぶりに武豊を乗せて国内復帰戦のブリリアントSに出走】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/05(金) 09:29:11.55 ID:Y1kXbK980
    69年ぶりの牝馬Vに挑んだ皐月賞で7着に敗れたファンディーナ(栗東・高野友和厩舎)は、オークス(21日、東京、GI、芝2400メートル)に参戦せず、春は休養することが5日、わかった。近日中に放牧に出される。
    秋は秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)が目標となる。
    http://race.sanspo.com/keiba/news/20170505/pog17050509220012-n1.html
    【【競馬】ファンディーナは結局オークスも回避して春は休養へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/03(水) 18:26:39.84 ID:bogJsVEo0
    天皇賞・春で6着に敗れたディーマジェスティ(牡4=二ノ宮)は、宝塚記念(6月25日、阪神)を見送ることになった。

    「レース後に左前を気にしていた。元々左前の蹄が薄く、硬い馬場は合わないようだ。帰厩した今はもう、歩様は大丈夫だが、このまま函館に持っていく。その後については未定」と二ノ宮師。
    函館競馬場への入厩が可能になる今月末以降に美浦トレセンから移動する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000106-spnannex-horse
    【【競馬】ディーマジェスティが宝塚記念を回避】の続きを読む

    このページのトップヘ