競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: 調教師

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/01/20(水) 09:40:26.36 ID:AxTBtNAb0
    今年還暦を迎える自分の感覚は、もう古いのだろうか? 
    ずっと以前からホースマンの夢はダービーを頂点としたクラシック競走制覇である。
    牧場はダービーを勝つために情熱をかけてサラブレッドを生産しているし、馬主さんは皆ダービーを勝てる馬、ダービーに出られるような馬が欲しいと意欲を語る。
    決してジャパンカップ、有馬記念とは言わない。←
    それは、3歳クラシックが終わってからの話だからである。
    そして、ダービージョッキー、ダービートレーナーという称号は極めて特別なものだ。
    それは3歳クラシックがその馬にとって一生に一度しか走れない貴重なレースであるからに他ならない。
    2歳秋の第1回登録から順次選抜されていく厳しい生存競争の中で、せっかく出走資格を得ても小さなけが1つ、些細(ささい)な体調不良で夢は水泡と帰してしまう。
    ダービーに“次”はないのだ。だからこそホースマンは日々愛馬に細心の注意を払い、強烈なプレッシャーと闘っていく。
    われわれにとって、クラシック競走の価値は計り知れないほど重いものなのだ。
    しかし、多くのマスコミはその価値を理解していないようである。
    いつ頃からそういう風潮に変わったのかはわからないが、現場は今でも変わらずダービーを目指し、クラシックレースを勝つために皆、努力を続けている。
    このマスコミと現場の意識の乖離(かいり)が自分には残念でならないし、とても悲しい気持ちになっている。

    https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20210120/etc21012004540001-s.html
    【【競馬】矢作師が年度代表馬選出に疑念か 「マスコミと現場の意識の乖離が残念で悲しい」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/01/17(日) 13:50:39.59 ID:GuGv/XvH0
    矢作

    天皇賞、ジャパンC、有馬記念。で、引退。さっき言ったような理由で昨年は有馬記念を使わなかった。ただ、やっぱり、日本人の競馬ファンは有馬に特別な感情を持っているじゃないですか。
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101170000043.html
    【【競馬】矢作調教師「コントレイルは今年で引退」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/01/06(水) 18:40:54.17 ID:IUJ4oyK20
    アレグリア受賞、藤沢和師は特別賞/最優秀短距離馬
    https://p.nikkansports.com/goku-uma/m/news/article.zpl?topic_id=1&id=202101060000516&year=2021&month=1&day=6

    グランアレグリアについては「春は高松宮記念や大阪杯を走らせてみたいし、秋は今年は西海岸(デルマー)開催のブリーダーズカップも行ってみたい。天皇賞・秋にも挑戦したい」。来年2月末で定年となるが、まだまだ名伯楽の野望は尽きない。

    【【競馬】グランアレグリアの藤沢師「春は高松宮か大阪杯・秋は米BCか天皇賞・秋に挑戦したい」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/01/01(金) 13:30:37.65 ID:IDFlPFnv0
    2021年、父ディープインパクトを超えられるかが、コントレイルに与えられた使命だ。矢作師は高らかに宣言する。

     「2021年は負けないでいきたい。おそらく前哨戦は使わずに、全部G1レースになると思う。あと三つは勝ちたい。ディープインパクトの真の後継種牡馬になるために」

     ジャパンCで2着に敗れて、初めて土がついてしまったが、ホープフルS、牡馬三冠と、これまでにコントレイルはG1を4勝している。
    父は7冠で引退。トレーナーはあと三つ、いや四つを加えて、父超えを果たしたいという強い意気込みを持っている。

     昨年、古馬の芝G1はフィエールマンが勝った天皇賞・春を除いて、全てのレースで牝馬が勝った。
    無敗の牡馬三冠を決めたコントレイルには、牡馬の意地を示す責務もある。

     「アーモンドアイが引退したし、コントレイルが引っ張っていかないといけない。伸びしろはまだ感じるからね」。
    主戦の福永は古馬になって、さらなる活躍を期待。「大阪杯からと聞いているし、秋は厳しいレースとなったので、今はしっかり英気を養ってほしい」。
    ディープインパクトは4歳時、失格となった凱旋門賞以外は全勝して、G1を4勝した。
    コントレイルも牡馬の大将として快進撃を続け、父と同じ軌跡を空に刻む。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8f349372e2b8ad428b94baf28c240cb51c7a6a0e
    【【競馬】コントレイルの矢作調教師「あと三つはG1を勝ちたい。ディープインパクトの真の後継種牡馬になるために」】の続きを読む

    WS000008

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/12/26(土) 16:44:16.82 ID:AFHwr3q30
    ◇第37回ホープフルステークス(26日・G1・中山・芝2000メートル)

     一体、何があったというのか。ハナを切った2番人気のランドオブリバティは抜群の手応えで4コーナーを迎えたが、
    そこからコースを逸走して外ラチへ。騎乗した三浦は落馬してまさかの競走中止となった。


     鹿戸雄師は厳しい表情で「話にならない。ハナには行きたくなかったけど、余裕がありすぎて遊んじゃったかな? 少し子供っぽいところがあるけど、ケイコで一度もあんなことはなかった」とぶ然とした表情
    三浦にとって初のG1制覇のチャンスだったが、何とかも後味の悪い結果となってしまった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/df5401624090fd5a6a0190b5720b96041d287248
    【【競馬】ランドオブリバティの鹿戸調教師「話にならない。ケイコで一度もあんなことはなかった」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/12/21(月) 13:08:58.99 ID:dditKCut0
    21日、JRAが2021年3月1日付けで新規開業する調教師9名を発表した。貸付馬房数については、決定次第発表される。

    ■美浦
    鈴木慎太郎
    辻哲英

    ■栗東
    小林真也(2021年1月1日付で調教師免許取得予定)
    四位洋文
    杉山佳明
    田中克典
    茶木太樹
    辻野泰之
    畑端省吾(2021年1月1日付で調教師免許取得予定)

    https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=181399
    【【競馬】2021年度3月1日付で新規開業する調教師が発表される】の続きを読む

    【【競馬】2021年度 新規調教師免許試験合格者が発表 蛯名・西田・畑端・村田騎手らが合格】の続きを読む

    このページのトップヘ