競馬総合まとめ速報

武豊騎手の情報、競馬ゲームを中心にした
競馬の情報をまとめたブログです。

    カテゴリ: 有力馬情報

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/06/09(水) 15:36:27.32 ID:zIdCzdj/0
    【宝塚記念】クロノジェネシスが2週前追い切り 代役騎乗の福永祐一騎手「さすがにいい馬」

     昨年の宝塚記念、有馬記念に続くグランプリ3連覇を狙うクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父バゴ)が、CWコースで力強い動きを見せた。

     厩舎所属の団野大成騎手が北海道シリーズに参戦しているため、福永祐一騎手(レースはクリストフ・ルメール騎手)が代役として騎乗。単走で6ハロンから馬なりでラストまでしっかり脚を伸ばした。

     福永騎手は「(調教でも)依頼があれば一度は乗ってみたいと思っていました。さすがにいい馬。バランスが良くて、パワーもある」と評価。
    斉藤崇調教師は「いつも(帰厩後の)1本目はスイッチが入っていなくて重たい部分がありますが、馬が自分で体をつくっていくので心配していません。これで良くなってくると思います」と信頼を口にした。

     ルメール騎手は1週前追い切りと最終追い切りで騎乗する予定。

    https://hochi.news/articles/20210609-OHT1T51062.html
    【【宝塚記念】福永がクロノジェネシスの追い切りに騎乗「一度は乗ってみたいと思っていました。さすがにいい馬」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/06/06(日) 17:23:54.56
    【【競馬】アンカツ「何度も言うけど、サリオスは基本マイルじゃ忙しいからね」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/06/02(水) 18:32:18.98 ID:HPdb/kNB0
    サリオスはWコースで追走から併入 堀調教師「東京の1600メートルはこの馬には言い訳できないコース」

    重馬場だった前走の大阪杯(2000メートル)は5着に敗れたが、東京マイル戦は2戦2勝と舞台は好転する。
    トレーナーは、「(得意とは)一概にはいえないと思いますが、東京の1600はこの馬の力を出すことに何の問題もないコース。
    言い訳できないコースだと思っています」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/638167e913023b14251637bc65fbc81a88a5effe
    【【競馬】安田記念 サリオスの堀調教師「東京の1600メートルはこの馬には言い訳できないコース」】の続きを読む

    【【競馬】安田記念 シュネルマイスターの鞍上は横山武史に決定】の続きを読む

    【【競馬】コントレイルが宝塚記念を回避 大阪杯の疲労が抜けず】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/27(木) 13:31:06.40 ID:x5l6ipIa0
    【日本ダービー】アドマイヤハダル仕切り直し11秒7
    2021.5.27 04:45
    アドマイヤハダル =栗東トレセン(撮影・安部光翁)
     アドマイヤハダルは、初コンビのM・デムーロ騎手を背に栗東坂路で4ハロン58秒4-13秒4。内を通り、折り合い重視でゆったり駆け上がった。2本目は調教助手が騎乗して4ハロン54秒5-11秒7。ゴール前強めに追われ、鋭く伸びた。

     ◆大久保師「お釣りなく、しっかりとできた。デキは申し分ない。(坂路2本目は)足りないと思ったので、もう一度やりました。無理はしていないし、いい状態だと思います。心臓もしっかりとしています」

    https://race.sanspo.com/keiba/news/20210527/pog21052704450014-n1.html
    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/27(木) 13:32:19.01 ID:x5l6ipIa0
    予期せぬ事態にも、攻めの姿勢を貫いた。アドマイヤハダルは26日、栗東坂路で4F58秒4-41秒9-13秒4をマーク。「1週前をしっかりやったし、跳びが大きくて時計の出やすい馬。馬の気持ちが一番大事ですが、とても気持ち良さそうでした」。またがったM・デムーロは意識的にセーブしたことを強調するも、これで追い切り終了とはいかなかった。

     その36分後に再び坂路へ登場。2本目は助手を背に4F54秒5-38秒6-11秒7を計時した。「軽過ぎたから2本追いました。2本目は無理をせずにしまいを伸ばして。いい動きでした」。急きょの坂路2本追いとなったが、大久保師は「追い切り後も心臓がしっかりとしていたし、問題ない。いい状態で持っていける」とオーバーワークになっていないことを強調した。稍重の皐月賞では4着に敗退。「良馬場でやりたい」と、時計勝負を願っていた

    https://www.daily.co.jp/horse/2021/05/27/0014361510.shtml
    【【競馬】アドマイヤハダルの追い切り デムーロ騎乗で坂路4F58.4→助手騎乗でもう1本追い切られる 大久保師『足りないと思ったので、もう一度やりました』】の続きを読む

    【【競馬】ユーバーレーベン 左屈腱部に腫れと熱感】の続きを読む

    このページのトップヘ